おまとめの審査、過去の延滞は影響する?

おまとめの審査、過去の延滞は影響する?

おまとめローンは今や借金の一本化システムとして、注目が集まっています。


キャッシングを一緒にすることによって、金利がダウンする、返済日が一つになるなどの借り手側のメリットがあります。


そこで気になるのが、「おまとめローンは、過去の延滞などは影響あるのか?」ということだと思います。これは会社によって判断が分かれる所もあり、延滞した内容によっても変わってきます。


例えば同じ延滞でも、1時間や2日の延滞なら、企業も軽いと見なされ審査が通る場合もあります。また延滞が3か月以上続く、延滞金額が100万以上ある、このような場合は審査が通りづらくなる場合もあります。


ちなみに3か月以上の延滞や遅延は、企業間のブラックリストに5年は記載されるようなので、心当たりのある方は注意が必要です。


3か月が目安のデッドゾーンだと考えてもよいかもしれません。ただしこれは消費者金融のブランドによっても、対応が変わってくるので、例え延滞していた方でも諦めずに申請をおこなう事が大切になります。


また審査に通りやすいと言われているのは、銀行よりも一般的に消費者金融と言われています。楽天銀行スーパーローンやアコム、プロミス、モビットなども審査の通りやすさで定評があります。